バンビミルクの正しい使い方

使い方をしっかりマスターしよう。

 

バンビミルクはその効果の高さから実際にエステティックサロンなどでも使用されています。

 

しかし、エステに通うととんでもないお金になっちゃいますよね。

 

ちなみにバンビミルクを自宅で使用する際の1回あたりの金額ってご存知ですか?

 

なんと1回60円です。

 

60円でエステに通うのと同等くらいの効果が得られるって考えるとすごいですよね。

 

でもそんなバンビミルクも正しい使い方で使用しないと効果が発揮されません。なのでしっかりと正しいバンビミルクの使い方をマスターしてエステに通ってる人くらい綺麗な美脚をめざしちゃいましょ〜!

 

バンビミルクの使い方

 

実はバンビミルク自体を使うのって小学生でもできるんですね。

 

だって、クリームを手にとって足に馴染ませるだけですから。。。問題は塗った後、どうするかです。

 

塗ったから「はい、おわり」というわけにはいきません。
もちろんそれだけでも効果は得られるんですがさらに効果を高めれるマッサージ法をお教えしちゃいます!

 

基本的には入浴後がお勧め

 

 

バンビミルクを使うには入浴後が良いです。
なぜなら入浴後は体中の血液が温まっていて血行が非常に良くなっているからです。

 

ただ、⇒こちらの口コミにもありましたが入浴後あまりに早いタイミングで行うと人によっては非常に熱く感じることもあるみたいなので自分に合ったタイミングで行うのがベストです。

 

そして使い方ですが、初めての場合は量もわからないと思うのでまずは500円玉程度のクリームの量で塗っていきましょう。

 

そこから量を増やすかどうかは自分のお肌と話し合ってください。

 

塗りながらマッサージ

 

500円程度のクリーム量をとったらマッサージしたい箇所を中心に満遍なくぬっていきます。

 

塗ると同時にマッサージを行う。という風に覚えておきましょう。

 

順番がいまいちわからないって方は基本的に足首のほうから上にかけて塗っていきマッサージを行えばいいです。

 


 

塗りこんでマッサージする際ですが、基本的には下から上に揉み上げていくことと爪を立てずに(爪で綺麗な足が傷ついたら台無しです)指のお腹部分や指の腹の部分で揉みこんでいくとより効果的です。

 

また、マッサージの時間ですがだいたい一日5分程度を目安にやるとといいです。

 

もちろん手があいているときなんかはバンビミルクがなくてもマッサージを行うだけで足の血行もよくなってむくみなんかもとれますので気が付いたらやるように癖をつけるのもいいかもしれません。

 

たった、1日5分これらを行うだけで美脚を目指せるので
めんどうとは思わずしっかり毎日行いたいですね。